意外と簡単!自家製オイルサーディンの作り方/レシピ

レシピ
レシピ 釣魚レシピ

数年前、地元では滅多に釣れないマイワシが、堤防からのサビキ釣りで入れ食いになったことがありました。我が家でも新鮮なマイワシを食べたい!と思い、スグに釣りに出かけたのでした。

サイズは小ぶりでしたが情報通り大漁だったマイワシ。持って帰ってお刺し身や大葉フライなど、思い付く限りのレシピで存分に堪能しましたが、2人(当時)では食べきれない量のイワシがクーラーボックスに残ってしまいました。

できれば新鮮なうちに保存したいと思い、そこで初めてオイルサーディンを作ってみることにしたのです。作ってみるとあれ?簡単!美味しくて、しかも長期保存できるオイルサーディンは、アレンジ次第でおつまみにもメインにもなる万能保存食でした。

そもそもオイルサーディンとは?

缶詰のオイルサーディン
缶詰のオイルサーディン

オイルサーディンとは頭と内臓を取り除いたマイワシの塩漬けをオイルで煮たものです。市販では缶詰の製品が多いと思いますが、そこで思い出すのがアンチョビですよね。じゃあアンチョビって何だっけ?

サーディン (sardine) は、ニシン科ニシン亜科のうち、マイワシ類など数属の小魚の総称である。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

オイルサーディンとアンチョビの違い

缶詰のアンチョビ
缶詰のアンチョビ

オイルサーディンは海外でも日本でも調理後(加工後)の名称ですが、アンチョビはカタクチイワシの英名です。しかし日本でアンチョビというと、塩漬けにしたカタクチイワシをオイルに浸した加工品として認識されていることの方が多いと思います。

カタクチイワシ科 Engraulidae はニシン目に属する科の一つ。総称的にアンチョビ(英語 anchovy)と呼ばれる。イタリア語でアッチューガ acciuga (複数形はアッチューゲ acciughe)、フランス語でアンショワ anchois。日本では特に塩蔵品にした食品を指すことが多い。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

マイワシ塩漬けのオイル煮がオイルサーディン、カタクチイワシ塩漬けをオイルに浸したものがアンチョビということになります。

また、そのまま食べても美味しいオイルサーディンに比べて、アンチョビはパスタやピザなどの調理に塩味のアクセントとして用いられるほど塩味が強いです。

オイルサーディンの材料

  • マイワシ(あるだけ)
  • オリーブオイル
  • にんにく
  • 赤唐辛子
  • 粒こしょう
  • ローリエ、タイム、ローズマリーなど乾燥ハーブ

調味料はマイワシの量に、オイルはお鍋のサイズに合わせて調整してください。にんにくはマイワシが少なければ1カケ、10匹以上の場合は2カケ以上入れて下さい。多すぎても不味くなることはありません。

自家製オイルサーディンの作り方

イワシの下処理&塩水に浸ける

イワシは鱗を包丁の先端で擦り取り、頭を落としてたら内臓を取り出しておきます。身が柔らかく弱いので、流水で洗いながらの作業ではなく、一連の作業が終わってからボールに作った3~4%の塩水で身が崩れないようにやさしく洗いましょう。

塩水に浸けたイワシ
イワシを塩水に浸ける

イワシを洗ったら、今度は10%の塩水をつくりイワシを浸けます。30分の漬け込み時間でマイルドな塩味、1時間以上でしっかり塩味のオイルサーディンになります。お好みで調整してみてくださいね。

鍋に並べたイワシ
鍋に並べる

オイルで煮る

キッチンペーパーなどでしっかりと水気を拭きとったイワシを、なるべく重ならないようにして鍋に並べます。スライスしたにんにく、赤唐辛子、粒こしょう、乾燥ハーブ類を入れたら、オリーブオイルをヒタヒタになるまで注ぎましょう。

オイルに浸けたイワシ
オイルと調味料適量を入れます

火加減は弱火で油の温度を90度前後に保ちましょう。温度が上がり過ぎないよう注意しながら約1時間ほど煮ます。イワシから出ている気泡が大きくなり過ぎないようにして下さい。

弱火で煮るイワシ
弱火で煮る

保存容器に詰めて完成

自家製オイルサーディン
保存はオイルごと

保存容器は瓶でもタッパーでも構いませんが、イワシがオイルに浸かる状態で保存できるようにしてください。冷蔵庫で2週間程度保存可能です。

オイルサーディンを使ったおすすめのレシピ

トースターで焼いたバケット
バケットを用意して

オイルサーディンと玉ねぎ

そのままでも美味しいオイルサーディンですが、粗みじんにした玉ねぎと和えてレモンを絞り、焼いたバケットに乗せても美味しいです。

オイルサーディンを使ったパスタ

またフレッシュトマトやしめじなどのキノコ類と自家製オイルサーディンを一緒にペペロンチーノにしてみました。ほどよい塩味がアクセントになりとても美味しかったです。

一度にたくさん作ることをおすすめします

スーパーなどで10cm前後のマイワシを大量に購入するのはまず難しいと思いますが、できれば数匹で作るより、一度にたくさん作ることをおすすめします。

スーパーなどでイワシを購入する場合は、中サイズからお刺身サイズのマイワシを3枚に下ろしてオイルサーディンを作ってもかまいません。たくさん作れるのが「自家製」のメリット。おつまみからメインまで自家製オイルサーディン使ったレシピを存分に味わってほしいと思います。

みどり
みどり

我が家でもあんなにたくさん作ったはずのオイルサーディンですが、あっと言う間に食べきってしまいました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました